志望動機が平凡でも一工夫することで履歴書が魅力的に

看護師の履歴書で気を付けたいこと

履歴書はその人を表すものとして、就職のための面接などでは重要視されるものとなっています。そのため、履歴書を書くときはいろいろと悩まれる方も多いのではないでしょうか。
看護師の資格を保持しており、病院などでの勤務を希望される場合、希望動機の欄に何を書いたらよいかなどを悩まれることと思います。出来るだけ避けた方がよい希望動機は、(理念に共感して)などのありきたりなワードを用いることです。ありきたりなワードは心がこもっていないと思われてしまいますし、真実味に欠けます。しかし、家から近いからという理由だけで希望される方というのも多く、どう書いたらよいのか悩まれるかも知れませんが、家が近いから希望しているのなら、ありのままを書くことが大切です。しかし、注意しなくてはならないのはダイレクトに近いからと書くのではなく、身近な病院で昔から慣れ親しんでいるからや、前を通るときに出てこられた患者さんの笑顔を見て、笑顔を作れる治療のお手伝いがしたいと感じたなど、上手に表現することが大切です。
大事なのは、履歴書に嘘を入れないことです。理念に共感したなどと記入すると、どのようや点に共感したのかを問われてしまい、答えられない思いをする可能性もありますので、履歴書を書くときはありのままの自分を上手に表現することが看護師の履歴書には必要です。

看護師の再就職は履歴書が肝心

やむを得なく、これまで働いていた仕事を辞めてしまい、他の職場へと再就職を希望される看護師の方も少なくはありません。看護師の職場というと病院や介護施設と決まっていて、履歴書を作成する際に毎回同じ志望動機を書いているといった方も多いとは思いますが、それでは再就職の道は難しいと言えます。
再就職を希望される場合、面接を受けるために履歴書を作成するのはもはや常識です。なかには、履歴書で選考をして、その選考に選ばれなかった方というのは、面接を受けることも出来ません。選ばれるためには魅力的な履歴書を作らなくてはならないのですが、毎回同じ志望動機を書いていては、選考する側は偽りの志望動機であることが分かってしまいます。
では、看護師の再就職のための履歴書にはどのような工夫が必要なのでしょうか。まずは、面接を受ける企業が何を求めているのかを知ることが大切です。中途採用を希望している企業であれば、それは即戦力を求めているケースが多く、そのような企業に御社で学びたいと言っても、知識がまだ足りていないと判断され、興味が失われてしまいます。日本人は謙虚でアピールしないと言われていますが、その性格を履歴書に出してはいけません。再就職を志しているということは、看護師としての知識は豊富であることをアピールするような志望動機にすることが大切となります。