病気が理由で退職した時は診断書を持参

看護師の履歴書は自己アピールに役立つ

看護師の資格取得後に病院に面接に行ったとします。この時は履歴書に最近卒業した看護師系専門学校の名前と、資格を得た年月の部分を大きな文字で書くと良いです。元気がある新人だなと面接官が見てくれるので、採用に向けて大きく前進します。自動車免許やパソコンの入力関連の資格もある時は、アピールに使えるので大きな字で書きましょう。どちらも仕事に使う機会が出てくるので、所持している場合は自身の宣伝に役立ちます。再就職目的で病院の面接に行く時は、履歴書に以前働いていた所のことを細かく書くのが基本です。この時はどこの部署で何年いて、どんな仕事をしていたのかまで記入しないといけません。
また、退職した理由が病気だった時は、病名と治療にかかった期間も履歴書に記入します。かかりつけ医に一筆書いてもらって、それを面接に持って行くと便利です。ブランクが長かった時は体力面で不安視されるので、毎日散歩をしたりジムに通ったりして体力強化に励むのも良い手法です。採用枠数が少ない所に募集をすると、ライバルとなる看護師希望者が周囲に多数いる場合があります。履歴書の優劣で採用が大きく変わることが多いので、しっかりと書いておくに越したことはないです。履歴書はパソコンで書き込むのも良いですが、自身の手できちんと書いた方が面接官に気持ちが伝わりやすいです。

看護師も転職時に必要な履歴書

看護師として働くためには一般企業と同じように履歴書を書く必要があります。書く手順やマナーは一般的な履歴書と同じと考えて良いのですが、一番大切なのは志望動機や自己アピール文ですよね。新卒の場合は比較的書きやすいかもしれませんが、転職の場合は悩みどころです。看護師を志した理由などを書いたところで新卒となんら変わりない表現になってしまいますよね。
そんな時は客観的にポイントとなる事柄を書き出していくと上手くまとめられます。転職と言ってもキャリアアップする為だったり、働く科や病院を変えたいなど様々な理由が必ずあるはずです。どんなことでもいいので自分が感じた思いを素直に書き出すのが一番良いに決まってます。その方が面接でも受け答えしやすいかと思いますよ。また、自分の看護師としての経験をただひたすら書き出しているだけでは印象の良い履歴書とは言えません。その経験を通して自分はどんなことを感じたのか、どんな成長をとげたのかなど詳しく書くと良いでしょう。
看護師として新たなスタートを切るためには必ず履歴書の作成が必要になります。経験や能力が重要視される看護師だからこそアピール出来るところは進んでアピールしていきましょう。